スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

learn by doing について

訪問していただきありがとうございます!このブログは大きく5つに分かれています。

1.English
TOEFL勉強中ですので、英語の勉強履歴、Kindle、方法など
2.Blog&iphone4
このブログについて、iphone4の活用法など
3.Social activity
team OPEN YOKOHAMA、Projectmesh、助け合いジャパンなどの活動です
4.Book&Music&Movie
読んだ本、良かった映画、音楽などのご紹介
5.Food&Wine
飲み歩きの履歴です
6.Others
それ以外のやついろいろです

*このブログは現在、更新しておりません。 ブログの移転先はこちらです。
新ブログ: http://learnbydoing.jp/

スポンサーサイト

人は人生で必要な時に、必要な人と出会う

皆さんにも「あの人がいなかったら、今の自分はなかった。」と言える人がいらっしゃると思います。
ある人は、学校の先生や友達、昔の恋人かもしれません。

私の場合もたくさんの方とお会いしたお陰で、今の自分があります。柔道時代の先生、柔道、ボート部の仲間、twitterで出会った人たち。。。
その中でもあるアメリカ人の家族との出会いが私を大きく変えました。

今から約10年前、地元の佐世保にいたころに出会った米軍の家族です。 
私の父と海軍の兵士、ジョンさんが仲良くなり、奥さんのロウィーナは私の英会話の先生に。
知り合いということで格安で英語を教えてもらい、無事今の外資の会社にも合格しました。彼らには英語以外にも家族の大切さ、笑顔でいることの大事さを学びました。

彼らには二人の子供がいます。クリシェーンとジョニーです。私は洋楽が好きだったので、英会話のあとによく話をしていました。
7年前に佐世保からアメリカに帰った時は、二人とも13才と11才です。

7月初めにこのファミリーが仕事の都合で佐世保に戻ってきました。
そして、今週20才になったクリシェーンと18才になったジョニーに誘われ韓国に行ってきました。

昔より英語が上達したことで、たくさんのことが話せました。
大きくなった彼らと家族、音楽、お酒、恋愛のこと。 一部ブログにもかけない話も(笑

昔話をしていて、ふとタイトルの「必要な時に出会う」 という言葉が頭に浮かびました。


私は震災を気にさまざまな人と出会い、プロジェクトをしています。 それがきっかけで政治家の方ともお会いさせていただき、政治への興味もわきました。
岩手にワールドカフェをしにいき、その足で被災地を見てきました。被災者の方とお話させていただきました。
その出会いを通じて、大きく心に変化が生じています。日本、自分の地域に対して貢献したいと思う気持ちです。

そのタイミングで自分が変わるきっかけとなった彼らとまた出会う。
何か必然なようなものを感じています。

ブログのタイトルに戻りますが、会うって縁なんです。私の母が良く言っていたのが、「人は人生で必要な時に必要な人と出会う」というタイトルの言葉です。
これをセレンディピティーとも言うようです。 

脳科学で有名な茂木さんの本に書いてありましたが、脳は身の回りの人がやっていることを真似るようです。
なので、グチばかり言ってる人が周りにいる人は、自分自身もグチばかりいうようになり、ポジティブな行動をしている人が周りにいる人は、自分自身もポジティブになるそうです。
環境が人を変える。成功者の友達は成功者ばかり。 というのは本当らしいです。だから、セレンディピティーを大事にしろと書いてありました。

何をするかも大事です。だけど、その中でお会いする人達、そこから広がる新しい出会いが人を変えるのです。 自分自身を振り返ってもそう思っています。

偶然の出会いは、実は無意識のうちに周到に準備されていた必然の出会い。ふとそう思った韓国旅行でした。

P.S
実家に帰った時にジョンさんファミリーがうちに遊びに来てくれました。
その時にうちの家族に作ってくれた歌です。

ギターがジョニー、最後に即興をそっきゅうと言ってるのがクリシェーンです。
ジョンさんとうちの父はパチンコ友達なので、パチンコ~と言ってるのがジョンさんです。
お茶目で陽気な家族です。 動画はちょっとHappyになるかも^^




コメントはよければこちらへ。


あと一年(Ato Ichinen!!)

お決まりですが時間がたつのは早いもので、今日29歳になりました。
気分はまだ学生(?)みたいな感じですが、30まであと一年。完璧なアラサーです(笑

28歳から29歳の一年間は素晴らしい出会いと学びの一年で、お会いした方には本当に感謝しています。
おそらくtwitterをやっていなかったら、これほど出会いの幅、活動の幅が広がることはなかったでしょう。Social mediaにも感謝、このダイナミックな時代に生きていること自体が幸運に思えます。


人生は常に勉強が必要なのですが、自分の中では20代は特に学びの時期と位置付けています。
30代は行動の時期なので、それまでに自分の下地をしっかりと作りたいと思っています。MBAもどうするかいまだに考えています。
本もたくさん読んで、たくさんの方にお会いする一年にしたいと思っています。


おかげさまで仕事は順調。昨年からやってるボランティア、プロボノも楽しくやらせてもらっています。
仕事もエキサイティング(毎日のチャレンジに感謝!)だけど、社会貢献、地域、政治にも興味があります。 
助けあいジャパンがきっかけで政治家の方にお会いしたことも、これまでだと考えられないことです。
昨年の変化が大きくって自分がどのような将来になるかは自分でもわかっていませんが、流れに身を任せて方向を決めたいと思っています。


行動していれば道が開けることは昨年一年間で学びました。
どんな素晴らしい出会いがあるのか、嬉しいこと、大変なこと、ハプニングも楽しみなこれからの一年間です。

30まで、あと一年! 私の大好きなバンド KEMURI 風に言うと、Ato Ichinen! です。
来年の今日はどんなことを思っているだろう。 良い一年にしたいと思います!

動画はSka PunkバンドKemuriのAto-ichinen という曲です。 
ぜひ!  Ato-ichinen,Ato-ichinen, どんだけのことができるだろ~♪





ブログ始めて1年。行動します、これからも

j0430731[1]



いつのまにやらこのブログを始めて1年が経ちました。
最初の投稿を見直すと恥ずかしくなりますが、とにかく勢いで始めたこのブログです。

Hal_Jさんのブログや他の人のブログから刺激を受けて、まさか自分がブログをはじめるとは思ってませんでしたが、始めたら意外と続くもので自分でもびっくりしています。
書くと内省ができるので「書く」ということには慣れたし、ブログを書くのは大切な時間にしています。


特にこの一年間は変化の大きい一年で、新しい出会いもあり、活動をはじめて自分のなかでも成長が大きかったです。
震災がきっかけというのが残念ですが、自分のやりたいこと、一番大事にしているのも分かって、リーダーシップをとるようになったことにはビックリしています。将来見返したときに、ログとして残しておいてよかったと思う時がくるはずです。


Learn by doing というのは、習うより慣れろ という私の好きな言葉です。
あまりに考えすぎて臆病になるよりは、行動すること、一歩踏みだすを重視しており、とにかくこのブログでも行動した内容、助けあいジャパンマイプロジェクトなどで感じたこと、当事者の自分でしか書けないことを発信していきます。

ITもあまり興味ないし、人に見られるような参考になる情報は発信できませんが、この人何してんのかなーっ、何考えてるのかなーと思って見てもらえるとありがたいです。
では、いつもこのブログを見ていただいている方には感謝を込めて。Learn by doing!


社長に学ぶLeadership

iStock_000000659586Large.jpg


5月に会社の社長が変わりました。 地震の影響で社員のアナウンスが遅くなり、社員はGW直前に聞かされ、急だったのでブログに学んだことをまとめます。

外資の社長は日本語のしゃべれない外国人が多いのですが、この社長は日系のメキシコ人でいつも明るく、そして日本語もしゃべれることで社員にも好かれていました。
もちろん、厳しいことは言うし、その間に組織改変で社員が大幅にいなくなることもありましたが、退任の挨拶のときは社員全員から暖かい拍手があり、やはり愛された社長だったのだと実感しました。


彼は私にとってはリーダーシップのロールモデルであり、たくさんのことを学びました。
特に入社して2年目の若手のプロジェクトで自分がリーダーをしていたときのプロジェクトのスポンサーだったため、未熟な自分にも丁寧にアドバイスをくれたり、社長と新入社員の間がらでもオープンに接してくれたことは自分にとってはすごくいい経験をさせてもらいました。

彼がよく言っていたことに

・オープンであること
・チームワーク
・Heart & Passion
・ビジネスは実行することに意味がある (プランだけ作るMBAもったやつ、頭でっかちは意味がない)

があります。
特に大きなリストラをしたこともあって、しきりにチームワークの重要性を社員に説いており、その説明もほんとに情熱にあふれたすばらしいものでした。 (Appleのスティーブジョブスには負けますが)
行動をモットーとし、常に情熱をもって物事に取り組むことの重要性。 外資ではちょっと珍しく、少し泥臭くかつ人情味あふれたいい方でした。

外資系というと、個人主義、リストラといったイメージや、Strategy、theory とかいったスマートなやり方をイメージされる方が多いかもしれませんが、
最近の会社の傾向をグローバルで見ると
・チームワーク
・社員は仲間
・徹底した顧客主義
・ナイスプレゼンテーションだけでは意味がない、徹底した行動主義

といったほんとに商売の原点に戻っている感じがします。 この傾向やはり金融危機以降によく見えておきて、会社もビジネスの本質に立ち返ったのだと感じています。
MBAとっただけのちょっと頭でっかちの人の話を聞かないリーダーもあまり見なくなったし、上に立つ人は人間的にも魅力的な人が多いです。
そして、私もそういうリーダーになるよう、努力し、会社からもサポートいただいていることに感謝しています。人、そしてリーダーシップを大事にしている会社だからこそ、今の自分もある気がしています。


少し人間くさく、人を勇気付け、そしてスマートなリーダー。 
常に熱い気持ちをもって、私は Action & Passionのモットーで、社長に追いつけるようなリーダーになれるようがんばります!


プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。