スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでの出会いとコミュニケーションの変化

sakura_2011.jpg


この写真は今回の記事を書こうと思ったCrown sugarこと南暁子さんの桜 咲くです。

最近の自分の傾向として、ネットだけでコンタクトしている人のこともかなり信頼していることがあります。
一度だけしか会ったことない人や中にはこれまで会ったことない人、コンタクトがなかった人のことも信頼してしています。そして、そのような人たちと翻訳や助け合いジャパンのプロジェクトが進んでいます。

ネットだけで会う人を信頼できるの? ネットを通じて会った人って怖くない?という方もいます。
もちろんテレビで出会い系であってトラブルにあう件も多いので、リスクがないとは言えません。今と昔のネットでのやりとりについて、少し考えてみたいと思います。

昔のネットでのやりとり:出会い系1.0
今のネットでのやりとり:出会い系2.0  と定義して進めたいと思います。

出会い系と表現したのはわかりやすく、面白いのでご愛嬌でお願いします。私は出会い系マニアではないので勘違いしないでくださいね(笑

出会い系1.0
俗にいう出会い系サイトを通じて出会うこと。あのテレビでもよく問題になる出会い系だとします
具体的には、
1.匿名で行う
2.顔を出さない
3.会うことを目的としている
4.出会いから恋愛に発展することもある(正のイメージ)が、出会って浮気、不倫などのちょっと悪い恋愛(?)に発展することが多い(負のイメージ)

*1.0に関しては一応高校の時にスタービーチが流行って友達はそれが縁で結婚しました。(二組も)なので、負のイメージだけとは思っていません。

それに対して・・・
出会い系2.0
わかりやすく言うと、twitterFacebookが縁でお会いする、関係があること
具体的には、
1.本名で実施している
2.顔を出している
3.会うことを目的としておらずグループやネット上のプロジェクトで一緒になる
という感じでしょうか。


1.0と2.0の相違点


1.顔と名前が見えること
1.0と2.0の一番の違いはこれです。本名でしかも顔を晒していることが大きいと思います。日本のネットの常識はまだまだ匿名ですが、twitterFacebookで本名を公表する人が増えてきています。

匿名のネットの世界だからこそ、顔出し、名前だしをやっている人は悪いことをできないという思い込みもあります。顔という情報がわかっていることで、変な人じゃないよね? という不安が払拭され、勝手に相手の良いイメージを作っていることもしばしばあります。
また、一度リアルで会うことでまたネットに戻ったときのコミュニケーションは一気に加速します。無機質なメールではなく、twitterFacebookでのコミュニケーションが増えているのにはこういう、顔が見える(アイコンのある)コミュニケーションがあるのではないのでしょうか? 

2.行動が見えること
毎日、twitterFacebookを見ていると、その人の行動、好きなこと、生活パターンがわかってきます。これまでの出会い系1.0だとほとんど情報がなく、行動パターンや生活パターンはわかりません。
2.0だと毎日顔がみえる、そしてその人の行動パターンがわかることで、素のその人が見えてきます。
何時に起きて、何を食べて、何に興味を持っていてというのがわかるし、人間はヘマもするし、グチも言うし、かっこつけてない「その人が」見えることで、共感し、ネット上の付き合いなのになぜか親近感が沸いてきます。

3.つながりがあること
1.0では基本的に個対個のコミュニケーションです。他の人との関係性はほとんど重視されておらず、むしろその関係性は匿名性の社会ではNGでしかありません。なので、基本的に関係を切ろうと思えば、その関係は切れるはずです。その1.0で会う人達は、たくさんいる人達のたまたま会った一人であり、リアルな関係にヒビや影響はまったくないのです。(たまたま会えたことで、自分の友達のように運命を感じて結婚する人もいますが)

しかし、2.0では、特にFacebookでは、誰の友達、同僚というのが丸わかりです。なので、リアルな関係性がそのままネット上にも展開されています。
今回の自分のケースのように初めてコンタクトを取る人は、必ず誰かの友達です。その友達のことを信頼しているし、その人の知り合いならば、いい人だろうという気持ちになります。


以上の3つ
1.顔と名前が見えること
2.行動が見えること
3.つながりがあること


から、信頼と共感が生まれるので私はtwitterFacebook上で出会う人を信頼しています。

追加するとTwitterをやってFacebookをやっている人は、新しいもの好き、基本ポジティブ、コミュニケーションが上手な方が多い という側面も無視できません。
めんどくさがりは、twitterもFacebookもやってませんしね(笑 必然的にこれらのSNSをやっている人は面白い人が多いこともあげられます。

よくよくかんがえたら、上記の3つってリアルだと当たり前のことなんですよね。
それがネットの世界になって展開されているだけであって、信頼と共感がすべて。これがFacebookやtwitter上で繰り広げられているコミュニケーションの根底にあることだと思います。


最後に

人の見た目が9割というメラビアンの法則にもありますが、コミュニケーションで大事なのは言葉そのものよりも話す態度、見た目が重要とも言われています。 このブログをまとめていて、このメラビアンの法則がネットの世界でも重要なのかと気づきました。 
もし、ネット上で何かを伝えたいなら、自分の行動を基に信頼してもらう。そこからメッセージを伝える。
変なツールややり方よりも、「あなたの信頼」がコミュニケーションの基本なんですね。 これは企業にも言えて、ほんとうに信頼される企業しか顧客は製品を買わないということにもつながります。

そうなったときに企業は顧客の声を反映させ、新しいことに取り組み、「本物」しか残らない時代になります。
その本物しかない時代にどんな仕組みや社会が生まれていくのか、今からワクワクしますね!


P.S
最初のイラストを作成していただいた南さんや、かつお~さん、(二人とも一度しかお会いしていないのに仲良くしていただいてる方)、翻訳者の皆様や鎌田さん、上梨さんとはお会いしたことがなくネットだけのやり取りです。
みんな助け合いジャパンの件で協力させていただいています。ネットで出会うのは怖いという負の側面より、すごいコラボレーションツールであるという正の側面があることを私は実感しています。 みなさん、いつも助けていただきありがとうございます。


引き続き、助けあいジャパンを宜しくお願いします
http://www.facebook.com/TasukeaiJapan
tasukeai japan




Prayforjapanの翻訳メッセージビデオ第二弾もできました!



「東北関東大震災」支援クリック募金





スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。