スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WorldShift Forum 2011に行ってきました

IMG_1437.jpg


先週の日曜にWorldShift Forum 2011 -シフトを、日本から- に参加してきました。

WorldShiftはショコラさんのつながりで知って、翻訳を一部やらせていただいたり、中島さんがイベントの企画したりという身近な存在です。(ひょっとしたらそのつながりで、ダイアローグは自分がやってたかも?というくらいの身近です)


会場風景はこんな感じでした。
IMG_1439.jpg



たくさん書きたいことはありますが、印象に残ったことばのみをピックアップしてご紹介します。
WorldShiftについてはこちら http://www.worldshift.jp/



3.11をどんな思いで振り返るのか? あの震災を前に、誰もが何かをやらないといけないと思った。
この先日本人が3.11を振り返った時に、あの3.11の時からこの国の素晴らしい国への復活が始まったのだと思えるようにしたい。
一人の人間の力は微々たるもの。でも、目の前の現実を1mmでも変えるべきだ。
矛盾も、困難もある。 だけど、簡単にできるなら改良で十分。 革新を起こすために一人ひとりが意識をシフトさせ、行動する必要がある
(WorldShift トーク:野中ともよさん、田坂宏志さん)



->コメント
イベントの最初からこの言葉が心に響きました。
確かに3.11で自分の中でも何かが変わりました。 
言うより、行動。目の前の現実を1mmでも変えるために一人ひとりが行動を起こすべきだと思っていますし、これからも助けあいジャパンや他の活動でも自分ができることをやっていきたいと思った言葉です。



植物、動物は人間が来るから絶滅する (基調講演より)



->コメント
人間がいるから他の生き物に迷惑をかけているという事実。これからは、地球市民の一つとしての人間として他の生き物との共生を考える必要あることを強く訴えられていました。
動物、植物にはあまり興味ないのですが、自分たちのせいで絶滅が起きているのを改めて実感させられた一言でした。



企業のCSR、理屈はみんな知ってる。 今は行動の時 (基調講演:木内考さん)



->コメント
今回の震災でもCSR(企業の社会的責任)が形だけの企業も見られたとのこと。樹を植えたり、寄付するのはだれでも知ってる。だけど、実際に今回の地震の対応がなかった企業もあった。 

消費者はちゃんと見ている。上辺のいい言葉、形だけのものよりも、今はどれだけ行動したかが評価される時代。
ネットが普及し、ソーシャルメディアで共感が伝わる時代ならでは。自分もアクションを大事にしてるけど、理屈は誰でも言える。もっと行動しようと思った一言でした。


自分の経験を話す、自分の体験を現体験として一人称で話す。(基調講演:木内孝さん)



->コメント
また、木内さんの言葉。この方とは一度お話したいと思った素晴らしい方でした。
自分の体験じゃないと伝わらない。 一般論はもういいよと、最近自分もそう思ってます。
その体験から何を考え、どう行動したのかが、言葉に気持ちがのるし、人の心を動かすと感じています。 自分の経験を話す。いい言葉です。


愛の反対は無関心。 無関心->共感へのシフト
無関心だと人のつながりがなくなる。 自殺も増える。 持続可能なビジネスに求められるのは「共感力」 (ビジネスとお金のシフト:鴨崎さん) 



->コメント
日本は毎年3万人もの人が自殺しています。これって今回の震災で亡くなった方よりも多いんです。これが毎年起こっているのが日本何です。
team OPEN YOKOHAMAで聞いたことですが、日本は世界で一番コミュニティーが少ない国だそうです。
仕事と家庭という場で失敗、無くなった時に誰も相談する人、コミュニティーがない。だから、自殺率も高いそうです。
tOYでこの言葉を聞いて、いろんな活動を通じて日本にもっとコミュニティーを作りたいと思っています。 もっと身近な人同士で声をかけあったり、地域の活動を通じて無関心から共感へ。
そしてもっと日本にコミュニティーができればいいなと思いなおした一言でした。



ジョンレノンのイマジンはなぜ、ブッシュの戦争を止められなかったのか?いろんな不幸をとめられなかったのか? 歌うだけで満足してしまったのか?  「歌う」から「 動く」のシフト (コミュニケーションと社会のシフト:さとなおさん)



->コメント
言葉を聞いてハッとしましたが、確かに歌だけで満足していたのかもしれませんね。
さとなおさんはソーシャルメディアは行動する人達をつなぐプラットフォームだともおっしゃっていました。
21世紀にSNSが出てきて、ようやく行動の時代にシフトしたと。 助けあいジャパンの例もだされていて、確かにFacebook上で人が集まり、プロジェクトができたのはソーシャルメディアのおかげです。

ソーシャルメディアがあることで、これまで一人、バラバラにやっていた人達がつながった。そして、そのつながりがパワーをもってきたと思っています。
個人が集まることで、パワーを発揮しているすごい時代に生きていると実感しています。

さとなおさんの写真。
IMG_1449.jpg





ワールドシフト、地球サミットを当たり前のように話す人。ソーシャル村の人。その人達のコミュニケーションが内向きなのではないのでは?会社でこんな活動をしってる人はいない。
宣言する前に外に向かってPRすることも大事では? (コミュニケーションと社会のシフト:さとなおさん)



->コメント
直球かつ本質を得た言葉ですね。もっとコミュニケーションが必要です。別にWebページを作るとか、テレビに広告するとかではなくて、参加者の一人ひとりがクチコミで伝えていくのも必要だと思っています。
その活動に興味を持つ、持たないは実はその活動をしている人が重要だと最近思っています。 その人の行動を常に見ているから、信頼できる。ならばやろうというとなったときに、他人事から自分事になります。

大事なのは日頃の行動とちょっとのお誘い! 顔が見えるコミュニケーション、活動はソーシャル時代ならでは。
顔が見える って大事です。


その他・写真
当日行ったらえっちゃんくまさんゆきおさんと一緒に公聴してました。
昼は天気がよくって、ランチも一緒に食べてビールも飲んでいい感じでした。その後、加藤君とちょっと合流、朝から会ってた野村さんの姿も見えていつものメンバーと会えてよかったです。

目の前の現実を1mmでも変えるために、もっとがんばろう、アクションしようと思った一日でした。

あとは写真です。

国連大学の前で開催されていたファーマーズマーケット
IMG_1441.jpg


みんなでラーンチ!&昼からビール!

IMG_1442.jpg

会場でメディア担当をしていたマイちゃん(翻訳担当の方、助けあいジャパンでも一緒)
マイちゃんはいつも元気です。ナイスな一枚ありがとー
IMG_1451.jpg


1冊1000円のWorldShift本。 以前一冊買ってましたが、今回は買ったお金がすべて寄付金にまわるということで2冊目を購入。
そして、サイボウズLiveのNPO向けのカタログも置いてありました。実はえっちゃんの力作らしく、内容はすごくわかりやすい。
NPOが抱える問題がよく見えてて、いいね!×100

IMG_1462.jpg









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。