スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産のEVイベントで学んだこと Social media&Twitter& workshop

先週土曜に日産の栃木でのEVイベントに参加しまして、細かい情報はほかのブログで書いたので今回はちょっと違う観点で書きたいと思います

一つは、ワークショップの素晴らしさ。もう一つは、ソーシャルメディアのすごさです。


ワークショップについて
イベントのワークショップですが、仕切り(ファシリテーション)が素晴らしかったです。
あれだけのバックグラウンドが違う人がたくさんいて議論が上手く進むのはさすがだなと思いましたね。


最初のワークショップは4人一組になり、それぞれ意見を出し合う「ワールドカフェ」というメンバーを変えながら少人数でどんどん話をしていくやり方。
一つのアイデアから「向こうのテーブルでは…と」違うアイデアがどんどん飛び出して、考えつかないようなアイデアも生まれました。

我々のテーブルででた電気自動車活用のアイデアは新たなナンパの方法(笑
どっから議論がそれたかは覚えていませんが、みんな活発的に意見交換していましたね。



その後は、オープンスペーステクノロジー(OST)という手法を用いて、議論をすすめていきました。
このOSTはすごくいい方法だと思ったので、ちょっと参考にしてみてください。

OSTについて
H. H.オーエン・アンド・カンパニーのハリソン・オーエン氏
により開発され、提唱された集団での対話手法。
参加メンバーの自発性を喚起し、主体的な発案、対話を創出す
るために設計されています。
【進め方】
• ワークショップのメンバー全員で問題意識を共有。
• 各メンバーがプロジェクトのアイディアを発表。
• 各メンバーは他のメンバーのプロジェクトも含め、自
分が取り組みたいプロジェクトを選びエントリーする。
• プロジェクトごとに分科会を実施し、プロジェクトの
内容や今後のスケジュールを話し合う。
• ワークショップ終了後、各メンバーがプロジェクトを
実施していく。

イマジンヨコハマHPより引用

車のイベントだったのですが、後半はEVで日本は、地域はどうかわるかが議論のポイントでした。

私のチームは充電時間の30分の使い方というのをやったのですが、アイデアいっぱいでてきました!
それはまた後ほどにでもまとめます!

バックグラウンドの違う人が集まって、アイデアをどんどん出していく。

このワークショップで今後の地域貢献、新たな問題解決のやり方が見えた気がします。



ソーシャルメディアについて

日産のEVリーフはネット上でしか広報活動をやっていません。
ターゲットを絞っているのと、おそらくソーシャルメディアを使った活動のトライアルだと思います。

活動例:
日産リーフブログ
http://blog.nissan.co.jp/EV/
twitter
http://twitter.com/NISSANEV/

Twitterを使って情報発信しているので、そこはかなり興味あってこのイベントでもどう使うか楽しみでした。

当日は
1.ハッシュタグ #evtna を使って担当者のつぶやき、参加者のつぶやき
2.イベント中につぶやき隊がいて、ワークショップの内容を随時つぶやき

を実施されていました。

で、イベント終了後は、Togetterへの当日のつぶやきまとめ、まとめたブログや感想のつぶやきのRTとtwitter上での波及効果を狙ったツイートもされていました。

私はこのイベントをtwitterのつぶやきでしったので、車には正直興味なかったけど参加して良かったと思っています。

それはこういうソーシャルメディアの使い方だったり、twitterを使うことで今後のコミュニケーション、社会のあり方がちょっと見えたからです。


これは自分も実感しましたが、ネットは人に会うハードルを下げており、ネットを使う事で、いろんな人にコンタクトすることができます。
そして、そこからさらにコラボレーションが広がる。
今回のイベントは特にそう思いました。(日産のつぶやき担当の方ともお会いできたし)


実際ワークショップで実感したのは、知らない人が議論をし、そこから新しいアイデアを共有する。
こういう活動は今後さらに進んでくと思う。

興味のある市民がネット、twitterなどでつながり、そこから協力してアイデアを出して積極的に地域をどうしていくか考える。

政治家に全て頼るのではなく、自分たちのことは自分たちでしっかり考えてやっていく。
今回のイベントはNPOの方も多かったけれども、時代がそのように動いてるの感じました。
日本は不況なんだけど、じゃーどうするか? というのは、もう日本人全体が思っているし、それぞれにアイデアをもっていると思う。

日産のイベントでやっていることは、まさに今後の日本を変えていく活動の始まりだと思った。

イベントは本当に素晴らしい。時間ある人は全国で開催されるんで、ぜひ参加してもらいたいです!

日産は、車を売っているのではなく、EVを通じてこれかの日本の新しい生活スタイルの提案をしています。
車だけでなく、行政や企業、地域とつながることで、新しいビジョンが少し見えた気がします

言い過ぎかもしれないけれども私にはそう思えました。

行政、企業、地域社会行とのコラボレーション、誰かではなく、自分たちで社会もを変えていく。
この活動で日本は変わると本当に思います。
まずは行動 Learn by doing です!

繰り返しになりますが、良かったら日産の the new action TOUR 参加してみてください♪
http://blog.nissan.co.jp/EV/2010/INFO/18.html

参考になった方、この記事が良かったと思った方は、
下記のretweetボタンや各種ブックマークへの登録をお願いいたします。








@FX


スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日産の 電気自動車(EV)ワークショップで見えてきた未来

日産の 電気自動車(EV)「リーフ」に試乗してみた の続き。 日産 電気自動車(EV) 賛成の連鎖 -the new action- 全国試乗ツアー さて試乗も終わって昼飯も食って、試乗の話をブログに書かなきゃいけないし、もう帰ろうかと思ったらここからが本番。市民...
プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。