スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外出張で学んだこと

先に謝っておきます。
酒のみながら、凹みながらこの記事書いてます。

インド、中国はやっぱり伸びてる、そして人口が多いから相対的に優秀な人が多い。これはほんとに受け入れないとダメ。

中国、インドはまだ日本には…と思っている人は国を尋ねて現実をみて欲しい。
なかなか受け入れるのは、難しい。けど、これは現実を直視しないとダメ。

中国人、インド人の方が英語もできるし、日本人にないハングリーさがある。そして、レベルが違う。今回あった人達はやはり、みんなそうだった。

インド人はやっぱりITに強いし、英語ができるから強い。
訛りのある英語でも、お構いなし。

中国人なんか、英語なんてぐちゃぐちゃだけど、喋りまくるので結局ミーティングを支配し、物事をうまく進めている。国が成長してるので、誰も文句言えない。間違いなく、魅力的なマーケットなので、いう事を聞かざるをえない

日本人はというと、スキルはある、けど英語がてきないがために、受け入れられない。そのフィールドにもたてない。

批判になって申し訳ないが、日本人の40代、50代に今のインド人、中国人に同じことを求めてできるか聞いてみたい。おそらくムリ。年功序列で高給だけど、ムリ。

今は昔みたいに人間関係や社内営業だけで、世界と戦えるわけではない。
もっと勉強しないとダメ!絶対ダメ!

日本だけ、知ってることだけの世界、これまでの勝負をしてても負ける。


わたし、エクセルができます?
計算が得意なインド人に安い給料でやってもらえばいいでしょ。

英語ができます?
そんなのできないのは、日本人くらいですよ(英語での交渉をさします)

土日も働いてます?
他の国でもやってますよ。とにかく、働く、プロとして恥ずかしくないことを中国もインドもやってるし、専門も深い。

自分と同じことを、完璧にされて、英語もペラペラ、そして給料も自分より安かったら、正直完敗です。

自分はメーカーだから、製造業しか知らないけど、もう日本のやり方って古いでしよ。

日本と同じものを中国、インドでは半値くらいで作れるし、出荷の量が違う。

日本人特有の過剰サービス、そこからくる低利益率経営、年功序列、そのうちうまくいくでしょ的な考えはもうやめましょうよ。

長期的にみたら
利益が低いから、社員への投資ができない

利益が低いから、給料がやすくいい人材がこない、結果成果がでない

つながり、歴史を重視しすぎるため、新しいことができない。
⇒結果、事なかれ主義、失敗したら負けの社会に

こんなんじゃ新しいアイデアもでないし、ベンチャーもできづらい。

スキル的な部分って、もう世界中の誰もができるから、日本人に求められているのは、
リーダーシップ、交渉力、アイデアを生み出す、実行力だとおもう。


日本人、私も含めて、もっと失敗してもがきましょうよ。

もういい加減世界に二位の経済大国の名前は捨てて、プライドも捨ててチャレンジしないと日本のプレゼンスはない。

必死にやるのがかっこ悪いっていう風潮もうやめませんか?

私、これからもバカになってもがきます。
出張で学んだことは、正直言ってこれ一つです

酔ってるので、グダグダですが、この絶望感は大事にします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

海外の長期出張中に読みました!
とても共感して何度も読んでしまいました!!
こちらは商社ですが、
ホントに同じことを感じました。
勇気もらって感謝してます。
お互い頑張りましょう!

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます! ぜひ、がんばりましょう。
がんばれ、日本! 日本人ですね^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。