スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mesh, why the future of business is sharing

IMG_0893.jpg


今日は The Mesh,why the future of business is sharing, Lisa Gansky(著) についてです。

本日の内容は
1.The Mesh について
2.The Meshとおもろいこと起こってます! の二本立てになっております。

1.The Meshについて

本の概要
タイトル:The Mesh,why the future of business is sharing
著者:Lisa Gansky
出版社:PENGUIN
出版日:2010年9月23日
日本語版:2011年に発売予定
2010年のBest innovation and design books に選ばれています。 こちら


この本はなんかのwebサイトで知って、kindleで試し読みして面白くってkindle版と英語版まで買ってしまった、個人的にはかなりお気に入りの一冊です。(デザインもかわしいし)

どういう内容の本かというと、
・金融危機が08年に起こり、人々の意識が変わり始めた
・ソーシャルメディアの普及により、つながりが重視されはじめた
・スマートフォンの普及により、人々がより多くの情報を入手できるようになった

ということから、シェアビジネスが進むといった内容です。(詳細は分け合ってここでは省きます)

簡単にkindleからシェアした内容コピー

mesh_finanial crysis


The recession has changed people’s attitudes in other ways as well. According to one study, eight out of ten Americans are “inclined to buy less stuff,” and nine out of ten are considering “opting for a simpler life.” This questioning helps explain why popular books on thrift, such as Theodore Malloch’s Thrift: Rebirth of a Forgotten Virtue and Ronald Wilcox’s Whatever Happened to Thrift? (reissued in 2010), are turning up in bookstores

金融危機で8割りの人は物を買わなくなり、9割りの人はシンプルライフを選ぶようになってきている。


mesh_50times.jpg


A discoverer might have five hundred or more friends on Facebook or followers on Twitter. If he has influence with half of those friends and followers, that’s real leverage for any Mesh business. A recent study by McKinsey concluded that a recommendation from a “trusted source” like a friend or family member was fifty times more likely to persuade someone to buy a product or try a new brand.

マッキンゼーの調査では、新しいブランドや商品を試す時、知人や友人(信頼された筋)の紹介は50倍も人々を説得させる力をもつ。


The new share-based businesses are bolstered and built on social media. Using Web-enabled mobile networks, they can define and deliver highly targeted, very personal goods and services at the right time and location. Today, using a pocket-size mobile phone, you can sit in a café while you map nearby hotel rooms, read reviews, play a video of the lobby and guest rooms, compare prices, negotiate a deal, request a recommended room, make a reservation, pay for the room, and generate directions to the hotel from where you’re sipping your latté. In some places, your phone can send your location to a taxi service and find someone nearby who wants to share the cab. In the near future, the hotel’s app may send you a bar code that offers you a room upgrade and a free drink and then opens the door to your suite, bypassing reception.

新しいシェアビジネスはソーシャルメディアによって加速されます。その人の場所や時間にあわせて、サービスが提供されはじめます。今日、ポケットサイズの携帯では、ホテルのカフェにすわっていながら、地図や本のレビューをよめたらり、ゲームができたり、価格を比較したり、価格の交渉、部屋の予約や支払いもできます。 ある場所によっては、電話の位置情報からタクシーを呼べたり、タクシーに相乗りしたい人を探すこともできます。 近い将来、ホテルのアプリがあれば、そのアプリはバーコードを携帯に送ることで部屋のアップグレードや、フリードリンクのオファー、受付をスルーしてスイートルームのドアを空けてくれることもできます。 


ということが書いてある本です。
実際にこの本を読めば、
1.今世の中でなぜtwitterやfacebookがはやるのか?
2.なぜ人々は新しい価値観をもってきたのか?
3.金融危機がどのように影響しているのか?
4.なぜ最近コミュニティーが流行るのか? ボランティアが増えているのか?
5.シェアがなぜ進むのか?

が理解できるようになります。 私は二冊も買ったくらいですから相当気にいっていますし、身の回りで起こっていることがなんとなく解明されたように思えて「近未来の預言書か?」と思うくらい当たっています。

著者のLisa Ganskyはアメリカの起業家で、いくつもの会社のCEOをやっていたり投資会社のアドバイザーなどをやっており、the meshが作家デビュー作のようです。

2.The Meshとおもろいこと起こってます!

さて、この本から面白いことがイロイロと起こっておりますので紹介させてください。
きっかけはシェアビジネスを探していた、玉置さんへのこのつぶやきのやりとりから、
tweetmesh.jpg

玉置さんはLife Style Creator Houseという家メディアなるものをされている田端に住むブロガーさん。
自身もシェアハウスに住まれていてシェアについては興味ある方なので、みんなで翻訳すると面白いのでは? と思ったのがきっかけ。
そこから上の日本語版だせば? というつぶやきになっています。 (シェアあシャアになってましたね。。。)


このつぶやきがきっかけでSocial translationという活動始めまして、Social translationのファンページもFacebookで作っちゃいました!
そして、World Shiftの宣言文を翻訳することになりました! プチ翻訳家デビューです!


それから、実際にLisa Ganskyに「みんなでthe MESH 翻訳したら面白くね??」ってメールしたら、返事きちゃいました!

ちなみに今LisaとYuuki はメル友で(笑)今度Skypeして、シェアビジネス、Social translationのことを打ち合わせすることになってしまいました! (the Meshの翻訳は出版社がすでにやっているらしいので翻訳は難しいです。。)

今日は、@show_motto  くんからthe Mesh を読んでおもろいビジネスモデルを考え付いた!との連絡もあったり、アメリカ人の知り合いからはSocial translationのビジネスを考えるわ! って感じの連絡がはいってきました。


まとめると
1.Social translationの活動がスタート!
2.Translationの成果がWorld ShiftのHPに名前付きで掲載される
3.Lisa Gansky とお友達になった(Facebookで)
4.Lisa Ganskyとシェアビジネス、Social translationの打ち合わせをする
5.The Mesh 的なビジネスのアイデアの種やコラボが進んでいます


一つの本からSNSやインターネット、つながりを通じて、物事が広がっていくのを身をもって体験しています。この先、どうなることやら。。。

このつながりやインターネットを通じて消費者がさらに情報を得るようになり、消費者の選択の幅がひろがり、消費者がよりパワーを持って選択していくビジネスモデルを The MESH と本の中では定義づけています。


みなさん、the mesh 読んでみたくありませんか? この先シェアビジネスやつながりで何が起こるか知りたくありませんか?  または、the Mesh的なことをやりたくないですか? みんなで面白いことをやりたい方は @yuu_key までご連絡ください。

Let's do something fun!!!  


Link

The Meshのアマゾンページ
http://www.amazon.co.jp/Mesh-Why-Future-Business-Sharing/dp/1591843715/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1291292670&sr=8-1

The Mesh のページ
http://meshing.it/

玉置さんのブログ
http://d.hatena.ne.jp/iammg/

Social translationのファンページ
http://www.facebook.com/Socialtranslation


World Shiftのページ
http://www.worldshift.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

いよいよですね

おおお、いろいろ始まってる感じですねー!
行動力のなせるわざだなー。さすが。
超応援してます!

作者と連絡までとっちゃったんですか!すごい行動力!見習いたいです。本は面白そうなのでぜひ読んでみます。ソーシャルトランスレーションも初回からおもいっきり協力しますので盛り上げていきましょう!

読みたくなりました。

はじめまして。
ツイッターからこちらに来ました。
The Mesh、大変興味深いですね。
読みたくなりましたよ。
また、ブログ拝読させていただきます。

話が一気に進みましたね。ツイッターってすごいと思う一方、行動力あっての成果だとも思います。
今後の活動が楽しみです。頑張ってください!僕も支援します!
非公開コメント

プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。