スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助けあいジャパンとリーダーシップ

震災から10日。
あっという間に時間は過ぎ、その間にたくさんのことが自分に起こっています。

起こったこと
1.prayforjapanの翻訳を始めたら、300人以上の翻訳協力に集まっていただいたこと
2.prayforjapanの翻訳をビデオにまとめたら、5日で30万PVに達し、テレビでも紹介されたこと
3.翻訳の件で、官庁と共同でやっているプロジェクト助け合いジャパンのメンバーになったこと

一つ一つを見てもかなり大きなことなのですが、政府とやっている助けあいジャパンが話が大きすぎていまいち実感がわいていません。

次のステップにいくにあたって、ここに至るまでの自分の変化を内省もふまえてまとめたいと思います。


1.はじまり
もちろん、3月11日の金曜日。地震の後帰宅難民となり、自分は六本木のグループ会社のオフィスで一泊しました。オフィスにはたくさんの人が残り、一つの会議室ではプロジェクターで震災の状況を伝えていました。それまではツイッターの情報で、電車が止まったとか、震度がどうだとかの話だったのだが、その会議室で見た大火事の様子が目から離れませんでした。まるで映画のような危機的な光景が目の前に飛び込んできて、家に帰れるかどうかも不安になったことを覚えています。

そして、次の日の朝ようやく家に帰りだしたはいいものの、途中で電車がとまっており2時間ほど歩いてかえるはめに。途中にさまざまな人からtwitterで励ましの声をもらったこと、アメリカ、中国の友達からメッセージをもらいすごく励まされました。中でも、メッシュの著者である Lisa Ganskyからメールが届いており、みんなとメッシュのみんなの安否を気遣っていることにすごく感動しました。

震災された方にとっては正直どうでもよいような小さなことでしょうが、自分の中では

・地震の体験と危機的な状況を実感
・世界中のみんなが日本のことを気遣ってくれている

という二つが今回の活動のきっかけとなりました。


2.翻訳について
12日の土曜日は昼に帰ってきてずーっと寝て、目が覚めたのは夕方。世界からのメッセージを被災地に届けたい、震災にあった方のために何かしたいと思っていました。
ちょうどそんなときに、藤村さん(@dyankiya)からprayforjapanの翻訳をしようというつぶやきをみて、まずはやれることをやる!という自分の中で決意が固まりました。

そうこうしているうちに、その日の夜には加藤君(@takeshi_kato にFacebookではいつの間にやら助け合いJapanの企画メンバーのグループに入れられており(笑  
えっ政府、内閣府?みたいな感じでことの大きさに焦りました。。

このときの焦ったつぶやきがこちら。
ほんとに助けてー!、一人じゃできないと思ってパニくったつぶやきです
つぶやき英語学習者



次の日から翻訳者協力者を募集し、いつの間にか50人、100人、そしてついには300人と登録を通知するメールがずーっと届きっぱなしです。どうしましょ、もうおおごとだー!メールがとまらないー! という感じでした。そして、twitterにはリプライがいっぱいきて、平行して#prayforjapan, #socialtranslationにはどんどん日本語の翻訳が増えていきました。 この時点でも、まだ焦っていたのを覚えています(笑


翻訳をビデオにまとめたものは、くまさん@kumadaitatamiが作ってくれて初日に3万PVくらい突破し、いつの間にかYahooのトップページにリンクが張られ、テレビで取り上げられてついには5日間で30万PVを達成。
ちなみにくまさんも、youtubeからのコメントのメールがとまらないー! とパニくってました(笑

動画はこちら


翻訳募集の記事、募集ページ
http://yuukey55.blog115.fc2.com/blog-entry-106.html
http://tweetvite.com/event/yk3
翻訳のtogetterまとめ
http://togetter.com/li/110982http://togetter.com/li/110982


3.自分の中での変化、リーダーシップに気づく

これまでの自分の常識を超える反応、そしてキャパを超えてしまったことで、自分の中で何かが変わったことに気づきました。翻訳については助けあいジャパンの中でも、prayforjapanのほうでもリーダーになっていたんだと。
くまさんも動画ではリーダーになってるし、いつの間にかやっている助けあいJapanに関わっている人の間には全員にリーダーの自覚が生まれているように思えます。 

お前はリーダーでもなんでもないよ!えらそうなこと言うな!という方もいらっしゃるかもしれませんが、この際気にしません(笑
リーダーって、肩書きじゃないんです。誰かが決めるもんでもないんです。

これをやりたいって発したときに、人が集まったらその最初に言った人は紛れもなくリーダーである。(経営の未来、ゲイリーハメル著より) 




Wallen Bennis のリーダーシップの本にもあるのですが、

心の声を聞くこと、そしてそれに従うことがリーダーシップの重要な教えであり、自分が本来やりたいこと、もっと言うとこうなりたいと思ったときに真のリーダーシップが発揮される

だそうです。
自分の中でもやりたいと思って、やっていることだからこそがんばれる。これが自分のやりたいことなのかもしれないと思い始めています。
翻訳や、震災のサポートというスペシフィックな事柄がではなく、誰かとと共にチャレンジし、人のために貢献するのが好きなんだと今回の件で自覚しました。

翻訳にご協力していただいている方には本当に感謝しております。
国もまだまだみなさんの力を必要としています。ぜひ、助けあいジャパンにご協力のほど宜しくお願い致します。

http://www.facebook.com/TasukeaiJapan
tasukeai japan


最後に
リーダーとかなったことないからよくわからない。。リーダーシップなんて知らないよ。。という方にこちらの言葉をシェアさせていただき、今日のまとめとします。
今この状況でできることをやりましょう、Learn by doing!

Leaders learn by doing-they learn where there are challenges, where the task is unprogrammed, where the job is being done for the first time. How do you improve the situation? You learn by doing it. You learn through all the things that happen on the task.

リーダーはやりながら学ばねばならない、チャレンジから学び、自分のタスクが決まっていない状況からも学び、初めてやることからもやりながら学ぶしかない。どのように状況を改善するか? それはあなたがやりながら学ぶしかない。あなたがそのタスクを通じて起こることから学ぶしかないのである。
On Becoming a leader, Warren Bennis


(一部修正あり)
learn by doing

「東北関東大震災」支援クリック募金

今、何が起こってるのか? やっぱりあなたが主役だ!

今、酔ってます。渋谷でサイボウズLiveの書籍のインタビューを受け、恵比寿でLooops TV に参加した後、Socialshift のミーティングで、加藤くん、ショコラさん、えっちゃん、そしていいね!の片山さんと次回のSocialshiftミーティングの事前打ち合わせが終わって今横浜の自宅です。
今日のSocialshiftのミーティングは気づきが多かったので、酔った勢いのまま、まとめます。


今日のミーティングの核となったのはいかにメンバーの人にミーティングやサイボウズLIVEに参加してもらうかということ。これは本当にいろんな意見がでました。運営側としての前回のミーティングで自分の準備が足らなかった部分も見えたし、ソーシャルのプロジェクトの難しさもイヤというほど見えました。
ソーシャルのプロジェクトの難しさはprojectmesh でも見えてたことだけど、今日みんなで話をして、よりクリアに見えてきました。そして、解決策も。

解決策は、徹底的な対話ではないのかな? っと。
今日すごく良かったのは、みんな一人ひとり言いたいことをいって、溜まってたものを吐き出して、そこから新しいアイデアや、やり方が見えてきたこと。
話しをしてて思ったけど、このミーティングで話をしていた内容は、今後すっごく重要なポイントだと感じて、今日のみんなの抱えていたものを、いかに共有できるか? そこには対話が必要なのではないかと思った。


ネットを通じてのコミュニケーションでは、ワイワイやってるのはいいのだけれど、その人の人間的な部分があまり見えないし、ましてやイベントの2時間程度じゃ全くわからない。

いかにその人に自分の思いを伝えることが大事か、どのように伝えていくか、結局ここがポイントなのかもしれないと。

きれいなプレゼンやビデオじゃなく(もちろんこれも効果ありますが)、そこにその人が腹の底から思っていることがあれば、その思いは自然と共感を呼ぶ。下手なテクニックより、いかにその人を自身をさらけだせるか。 会社や肩書をはずして、その人、本人の気持ちを伝えられるかだと思う。 そう、言うならば、個人の裸の思い。

この言葉が書きながら出てくるとは思わなかったけれど、結局、その人の思い、志が全てなんだと。そして、それをみんなが共有するためには、それぞれが自分の思いを話す "場" が必要なんだなと。

対話をすることで、今日のミーティングのように内省もできるし、人から意見をもらうことで新しい考え方も広がる。 対話をすることが、実は参加してもらう最初の一歩何だと思ってきました。

会の中でも「ソーシャルメディアはあなたがメディア」という言葉を使っていたけど、このリアルな場でも「あなたの思い」がすっごく大事。

なんかちょっと泥臭い感じだけど、その人、あなたがメディアになっていて、そこで共感を得るには、その人の苦悩や本当の思いがないと共感は得られない。twitterのRTやFacebookのいいね! では伝わらない、その人の本当の思い、メッセージ。
今はネットでつながりが容易にできるからこその、リアルなメッセージです。会社の理念でも、その人の仕事での役割でもなく、あなたのメッセージが大事な時代なんだと思いました。そこのメッセージがSNSを使って伝播し、似たような人とつながるようになる。そこから、またリアルなつながりへというサイクルです。
しかも、知ってる仲間だから、なお更共感します。そんな思いがあったのねと。 

そう、やっぱり主役は「私」であり、「あなた」なんだと。人から言われたからとかではないんです。 そのあなたの思いをネットでつながって、リアルで共感する。共感した人が、その人がメディアとなって、人にその共感をまた広げていく。

共感をシェアするための "あつまれる場"、"対話の場" が必要だ。ブログに書いたら、さらに内省できてまとまってきた。やっぱりこれだな。


Socialmediaはあなたがメディア。リアルな場でもあなたがメディア。あなたの志が人を一人、二人と共感が広がる。あなたが、本気で発信すればみんなに広がる~!あなたが動けば、shiftが起こる! んー今すぐ行動したくなってきた(笑

P.S
会社や組織を超えて活動をする、ソーシャルなプロジェクトを企画するのは初めてです。しかも、それがソーシャルメディアでつながった人、IT使ってやるプロジェクトならなお更分からない。だからこそ、失敗もするし、不安もある。 そこで"対話"を通じて内省し、成長するきっかけとなった今回のミーティングは後で振り返ったら、すっごく大きなターニングポイントになっていると思います。メンバーのみなさん、ありがとうございました。チャレンジする文化をSocialshiftで! 挑戦しないと、成長はない!

Time management

timemanagement.jpg


最近、興味あることが多すぎて何をどうしてよいかわからない! というコメントをよく見かけます。
私自身もprojectmeshやら、socialshiftやら横文字系のタスクが多くてドタバタしてます。。。
自分自身への戒めの意味もこめて、自分がやっている時間管理術をまとめてみました。


1.Select & Focus
基本はこれ。やりたくないこと、面白いこと以外はやらないようにします。
あまりに手を広げると何もできなくなるので、絞ること、止めることを常に考えています。
仕事ではどうでもいいことは、極力後にのばしてやらないようにします。

blogの名前がlearn by doingなので基本的には新しいこと、面白いことは「やってみる」をモットーとしていますが、合わなかったらすぐやめます。 
なので、友達からは熱しやすく、冷めやすいとよく言われます(笑
ミクシーは3日でやめて、twitterは一年続いてるから、一度試してハマったらとことんやるようにしています。


2.ポストイットにAction list
仕事でもプライベートでも、とにかくポストイットにアクションリストを書いています。
リスト化しておけば、抜けモレもなくなりますし、あーあれをしなきゃと考える時間を減らすようにしています。

また、なるべくなら夜に次の日やることを書き出しておいて、朝会社に来たときはソッコー仕事に入れるようにしています。
デジタルツールでアクションリストを作る人もいますが、私はやっぱり手を動かさないと頭に入らないのと、すぐ見れるようにポストイットにアクションリストに使っています。
ポストイットを開発した3Mさんに感謝です!

3.人間のバイオリズムに合わせる
人間なので、やっぱりムラもあるし、調子が上がらないときもあります。
なるべく効率の良い仕事をするように人のバイオリズムに合わせて、

朝:数字を扱うもの、アイデアだし・企画、戦略的なこと 
昼:人に会う、ミーティング
夕方、夜:メールの返信、整理整頓 

やはり朝が一番頭も働くし、生産性も高いです。なので、なるべく早起きしてmesh関係を進めて、会社への支度をし、会社にも30分くらい前にはついて仕事を始めています。

昼はご飯食べたら眠いのは仕方ので、なるべく頭使わない仕事をするようにしてます。

また、このバイオリズムは一日だけで考えるのではなく、週でも応用できます。
月火を朝、水、木を昼、金を夕方、夜のタイプの仕事をしています。
金曜日の昼からなんて、まったく新しい仕事する気にならないのでとにかく来週の準備、整理整頓をしています。
ダラダラしているときにやった仕事は、ミスも多いのでメリハリをつけてやることでミスを減らす。
ミスによるダブルワークを減らすことで、作業全体のプロセスの最短化をめざしています。


4.完璧を目指さない
80対20の法則で、成果の80%は20%の時間で達成されます。 80%から100%の20%の精度を極めるには、時間の80%が使われます。この「パレートの法則」を常々考えていて、まず、ちゃちゃっとやってしまうことを考えます。
そのためには完璧を捨てるようにしています。

プレゼン作成を例にするなら
1.紙にスライド別に話す内容を箇条書きで書き出す(たたき台)
2.Power pointであれば、まずざっくりと要点をいれて全体を作る
3.個別のスライドをじっくり作りこむ
4.印刷して全体をチェックする

という、全体を一度さくっとつくりあげて個別に落とし込むようにしています。
これをやることで詳細にいけばいくほど、修正を入れていく(推敲のようなもの)をしていくため、内容もよくなるし、何度も見直すので間違いも減ります。

人に報告するときは手書きでも、箇条書きで要点だけでもいいので、ポイントを相手に伝えておけば、1の段階で資料と口頭で詳細を説明し、抜けがあればそこでアドバイスをもらうようにしています。
まずはたたき台を作ってみないことには、話のポイントが抜けて進まない場合が多々あります。完成して、なんじゃこりゃーを避ける意味でもよくやります。

そして、チェックをするときは、必ず印刷して確認します。これをやることでパソコンの画面上では見えなかったことが見えてきます。
しょっちゅう印刷するなんて(仕事では本当にしょっちゅう)環境に悪い! といわれるので、いつも裏紙をつかうようにしています(笑

まとめ

多分、みなさんも同じようなことをされていると思います。

私が1番心がけているのは、アナログであることです。
パソコンよりも、手書きのポストイット、紙で印刷してチェックは、やってみるとわかりますがその紙に集中してみます。

これがパソコンだと、うまくいかないんです。ミーティングも、パソコンでいろんな資料を見せるより、ホワイトボードに書きながらの方が絶対うまくいきます。
パソコンだと、文字を打ってる人と、それ以外に分かれます。そうすると、場が一つにならないんですよね。
パソコン、プロジェクターだと、なんか別次元なんですよね。

ホワイトボードにだけ集中する。一つの紙に集中するというのは、意外と大事です。



Projectmesh kick off!

mesh2 (56)


遅くなりましたが、10日に実施したProject meshのkick offミーティングについてまとめます。
最初に、参加していただいた皆様本当にありがとうございました! (途中で帰られた高橋さん、ごめんなさい!)

1.ミーティング実施まで

会場はサイボウズさんから提供していただき、準備についてもえっちゃん(@etu619)がすごく助けてくれました。かなり感謝してます!
年始も絡んで何かとバタバタして、もう少ししっかり準備できれば、人に助けを求めればよかったかと反省してます。

プレゼンは伝わるかどうか不安でしたが、プレゼンGoodのポストイットをいただいたので皆さんに意図は伝わったかと思います。
スライドシェア勉強して、そのうち、ブログで共有しますね!

2.当日

9:30開始予定でしたが、準備もバタバタして、45分に開始。自分がプレゼンして、加藤くんのSocialshiftの説明。
裸踊りのビデオはわかりやすくて、良かった!ありがとう。そして、私は裸踊りを続けます(笑

その後、自己紹介を兼ねたワールドカフェを実施。実はこれには二つ意図があって
1.みんなで作りだす感覚を体験してもらう
2.Pojectmeshで何をすべきかを対話を通じて具体化してもらう


というのがありました。
実際、the mesh を読まれた方、プロジェクトで何をするかを理解されてた方はほとんどおらず、みんな「何かワクワクする」が理由で参加された方ばかり。


人が動くには、心の底から、やりたい!という気持ちが生まれない限り、自発性は生まれないものです。
ワールドカフェはそういう時にはうってつけで、実は対話すること自体がすでにアクションにつながっているのです。ワールドカフェ、素晴らしい!

_MG_0112.jpg




その後、えっちゃんのはじめてのプレゼン!サイボウズLIVEの説明をみんなにしてもらいました。
英語学習者も、朝タブメンバーも濃い人が多くて、質問ドンドンでてました。
みんな自己主張強いし、エキセントリックすぎてすごかった(笑


mesh2 (67)


最後にチームに別れて
1.PR関係
2.Social translation

の二つを簡単に話し、詳細はサイボウズLIVEでということでミーティングは終了!
サイボウズさんからのお土産もいただきました。本当に皆さんのおかげで、いいキックオフになったと思います。


3.振返り
ミーティングでは目的が二つあって、
1.Projectmesh と参加メンバーを理解してもらう
2. Ignite the fire ->みんなの自発性を引き出す


のことをテーマに「場」作りをしました。

1はネットでつながるのだけでなく、一度リアルに顔を合わせるだけで、その後のやりとりはスムーズになるものです。すでにハル教(笑 としてまとまりつつある英語学習者と朝タブを中心としたIT,Social系の二つのクラスターが混ざって、うまく刺激しあって良かったと思ってます。 お互い興味あるとこ違うから、合同勉強会やってもいいかもね!

この人と会う、違う人と会うというのは、すごく大事で新たな考え方が身につきます。そしてLearn by doingの精神で、まずやってみることも大事。走りながら考えましょう!

Diversity,自由な雰囲気、やってみるの精神はgoogle が会社としてやっていることです。
そして、集合知を集めればすごいこと、サービスが出来上がるのはGoogleをみれば理解していただけると思います。

この要素はProjectmeshにもいれていて、
1.フラットな組織
2.Diversity
3.Open
4.自発性
5.集合知
6. 他者、社会への貢献、Sustainable development


は忘れずに進めて行きたと思います。
この件はゲイリーハメルの経営の未来から、アイデアを得てます。

Projectのビジョンはシェアマインドの普及で、そこからワクワクすることをみんなでやる、場を作ることを目的にしています。 興味ある方は、ぜひprojectmeshご参加ください!
http://tweetvite.com/event/yk2

ミーティング後のサイボウズLiveでの、プロジェクトミーティングはめちゃくちゃ盛り上がってますよ!
えっちゃん、曰くサイボウズlive初の異様な盛り上がりなようです(笑

皆さんも、つながりが広がってどうなるのか見てみたくないですか? 
ぜひ、つながりで世の中がどうなるのか一緒に体験しましょう!

続く~

Projectmeshの記事
http://supertomonzo.blog27.fc2.com/blog-entry-74.html
http://d.hatena.ne.jp/TownBeginner/20110110
http://kenjinomura.blog103.fc2.com/blog-entry-22.html
http://ameblo.jp/show-motto/entry-10765517119.html
http://takahashikoichi.blogspot.com/2011/01/blog-post_11.html

New Year's resolution -新年の抱負-

iStock_000003995270small.jpg



正月はもう終わってしまいましたが、ブログにて新年の抱負を発表します!


英語の目標
1.TOEFL 95点を目指す!
いいかげん、TOEFL受けます(笑 
MBAをやるかどうかはちょっと心情の変化があって微妙ですが、TOEFLはがんばります

2.洋書、英語の雑誌を読む
kindleを買って洋書を読むのが楽しくなってきました。kindleで新聞見たり、TIME見たりと始めたのでこれは継続したいと思います。 このkindleの件はまたあとでブログにまとめます。新聞購読はかなり便利です。

3.Community
Hal_J教(笑 ともいえる英語学習者のCommunity ができつつあります。ここで知り合った方とSocial translationもはじまったし、面白いcommunityです。 また、英語カラオケも定期的に参加しようと思っています。 みんなでワイワイやってると勉強が楽しりますので継続しようかと。


プライベートの目標
1.ブログの継続
周りでもブログを始める人が多くなってきたのもあって、自分ももっとブログを充実、継続させたいと思っています。めざせ、月に5000アクセス!

2.Collaboration & Community活動の継続
横浜のボランティア活動 team OPEN YOKOHAMA、Project meshもSocial shift、朝タブも頑張っていきます。
これ以上増やすと勉強する時間がなくなりそうですが、どんどんやります。基本は横浜の活動と朝タブから派生したProject mesh,Social shiftの活動を中心に。 新しい方にお会いすると勉強になりますので、どんどん人に会いたいと思います。もちろん、飲兵衛の会でお酒飲むのも忘れません!

3.早起きしてウォーキング

夏ごろから始めた朝のウォーキングも続けていきます。朝起きて30分のウォーキングは、歩くリズムが脳に良いらしくポジティブ思考になるそうです。朝早く起きるとすがすがしいし、時間に余裕がでるため、時間管理もしっかりできます。 生活リズムを整えるためにも、やるぞー!

4.ファシリテーションの勉強
ファシリテーションをやらせてもらう機会が多くなったので、場を作るクリエイターを目指します!ワールドカフェももっとやりたいし、ファシリの勉強会にもでます。


仕事の目標
1.リーダーシップ
これまでも仕事でリーダーはやらせてもらっていましたが、今年はどんどん人を巻き込んでいきます。meshとかの活動で学ぶものもあるので、これが仕事にも活きると完璧だと思っています。会社をひっかきまわしてやる(笑

2.implementation
これまではStrategy やPlanningといったマーケティングやちょっといい格好の仕事が多かったが、戦略は実行してナンボ! ということで営業や実働部隊やらせてもらいます。
今の仕事は20代で戦略系のことやらせてもらったりするのはありがたいけれど、20代はもがいてナンボです。もっと泥臭い仕事やります! 若いうちに泥臭い仕事やっておくと、絶対10年後ためになるはず。


まとめ
今年の抱負は、英語の勉強、人のつながりを大事にし貢献すること、実行・リードすること をモットーにがんばります。
もちろん、3C(Communication,Collaboration,Contribution)もわすれずに!

さて、2011年は面白い年になるはずです。 活動はブログにてアップデートしていく予定です。Learn by doingの活動でどういうふうにyuu_keyが変わっていくかお楽しみに。
読んでいただいた方、今年もよろしくお願いします!!
プロフィール

yuu_key

Author:yuu_key
横浜在住。今年から新しいことに挑戦中
外資系メーカーマーケティング/つながりの先の貢献、コミュニティ活動に興味あり/team OPEN YOKOHAMA広報/映画/洋楽/英語/Kindle/ビールとワイン/レッドブル/吉牛/ワールドカフェ/オープンヨコハマ/好きな言葉「人生、お一人様一回限り!」/パッションとアクションだけが取り柄の元九州男児(佐世保出身)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
Social translation
リンク
my tweet
twetter
FC2カウンター
RSSリンクの表示
Worldshift
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。